HOME > BLOG

ブログ相原ユタカ:タイカレーしか食べれません~タイサッカー奮闘記~

プロフィール

相原 豊(あいはら ゆたか)

YUTAKA AIHARA
1979年6月21日生まれ

WORK:

サッカー指導者
ユタカフットボールアカデミー(タイ/バンコク)代表

facebook Twitter YouTube
詳細はこちら

NEW ENTRY

CATEGORY

YEAR ARCHIVE

ひとり言

10.30th,2009

最近、よく蚊に喰われるのよね。

 

こんなもんね、屁でもねえよ。

 

ウガンダならね・・・

 

マラリアっすよ。

 

経験者は語る。

リベンジ

10.29th,2009

前回マッサージ屋にて、自分の意志とは無関係にオカマにマッサられたボク。

http://www.yutaka-fa.com/?p=397

今度こそと、も一度そのマッサージ屋へ。

 

でよ、今度は客もそんなにいなかったしなんも言わずにいこうと決心よ。

で、タイマッサージを1時間と指定。

 

う~ん・・・

 

なぜだろう?

 

今回は違うオカマが来たねぇ・・・

 

その店、その日は前回ボクがやられたオカマと今回のオカマの2人しか見あたんないのよ。

どんな確率よ?!

 

ただね、今回は素直に受け入れようと思ったのよ。

そしたらよ。

コイツ、なかなかいいの持ってんのよ。

元々、男だから結構力も入ってて手も大きいからガッツリ揉んでくるのよ。

 

DSC00433-s

 

今回はイイ気分でマッサージを受けましたとさ。

 

 

で、終わらないのがボクのようで。

時間を追うごとに力が増してくるのよ。

サイヤ人のノリだね。

気づけばこんなんよ。

 

DSC00434-s

 

痛てて姉さん。byカツオ。

今回も惨敗でしたわ・・・

訂正

10.28th,2009

訂正します。

前回掲載のカンボジアの試合。

0-4って書いちゃったけど、0-5の間違いでした。

いや、0-4でもうすぐ終わりかなぁとか思って、結果の写真を撮ったのよ。

でもさ、終了間際に1点取られちゃったのよね。

で、慌てて写真撮ったのね。

 

DSC00412-s

 

申し訳ないです。

ただ、0-4が0-5になったからって、彼らのパフォーマンスが良かった事には変わりないからね。

大和魂

10.27th,2009

そういえば、前にここで紹介したカンボジアU-15の北朝鮮との試合。

結果とか言ってなかったよね。

 

さ、キックオフ。

と、思いきや早速カンボジアが失点。

多分、1分ぐらいしか経ってなかったんじゃないかな。

それまでの試合の話を聞くと、失点するとバタバタと畳みかけられる傾向があったらしいのね。

それがさ、結構頑張るのよ。

最初の勢いで言うと、前半だけで5~6点取られる勢いだったけど、なんとか持ちこたえて0-2で前半折り返し。

 

DSC00406-s

 

いや、負けてはいるけどしっかり戦ってたよ。

そして後半。

 

ずっと攻められっぱなしってワケじゃなかったし、何より北朝鮮とカンボジアの身体能力的なものを考えたら十分な戦いだったと思うね。

 

そして、試合終了。

 

DSC00408-s

 

結果は0-4だったけど、しっかりと闘った良い試合だったっと思うね。

 

でね、タイトルの大和魂。

日本人って最近持ってるかな?

サッカーだけじゃなくって、色々と。

調子が良ければ、明日も気にせずやんややんやで、ちょっと都合が悪くなるともうてんやわんや。

こりゃいかんよ。

ボク自身、景気のいい話が暫しないから多少都合が悪くなっても、やんややんやっすよ。

もうピンチなのか何なのかの判断できねっす・・・

 

ボクの所でサッカーやってる子には、サッカーを通じて逞しくなってくれることを願ってますよ。

By:アカデミー校長ユタカ

週末

10.26th,2009

最近、週末が来るのがコワイ。

普通、週末になるとテンション上がるもんでしょ?

 

ボクの週末。

土曜日に自分のチームの指導があって、次の日はバンコクで朝から指導なのね。

だから土曜の指導が終わったら、直ぐにバンコクへ。

で、誰かしらの家に泊めてもらうんだけど、この国でタガの外れた人間がよく連絡してくるのよ。

するとね・・・

 

飲まされ。

 

寝れずに。

 

朝を迎えるのよ。

 

最近、さわやかな日曜の朝を迎えたことが無い。

そして、睡眠不足のまま朝から指導ですよ。

で、午後はボクが所属してる日本人サッカー部の試合ですよ。

死んじゃいますよ。

 

元々、育ちの良いボクには辛い週末です。

ありがたや

10.26th,2009

我がユタカフットボールアカデミー。

当事者のユタカは皆さんのお陰でタイで生活で来ております。

日本人サッカー部のみんなには飯を食わせてもらい、バンコクに行った時にゃ泊めてもらい。

不動産屋さん、企業の皆さん、飲食店、現地のタイ人。

皆さんの協力のもと、生きております。

 

バファリンの半分は優しさ。

ユタカの殆どは協力。

 

で、現在のボクのチームだけど、そんなボクが当事者なもんでチーム自体も皆様の協力で成り立っております。

 

子供の送迎をするための車を手配してたんだけど、マザリンさんって会社が協力してくれることになりまして。

車だけじゃなく、タオルや靴下まで頂きました。

 

DSC00435-s

 

ありがとうございます。

色々と協力してくれる方々に、感謝の気持ちを忘れちゃいけませんね。

毎日毎日自分自身に言い聞かせましょう。

 

皆様、今後とも宜しくお願いします。

101回目のプロポーズ

10.24th,2009

さて、無事に100回目を突破したから、いつも通りに。

木曜日は日本語学校で先生やってる大ちゃんとご飯。

来月あたりから、ローカルの学校でタイ人にもサッカーを教えるんだけど、それを紹介やら手伝ってくれるのが大ちゃんなのよ。

ってことで2人でお食事。

ちょっと小粋なサックスバーにて。

 

DSC00417-s

 

こっちじゃよくある生演奏だね。

で、そんな中男2人が集まりゃ話題は女の子の話題よ。

この、大ちゃんはタイ人の奥さんがいて現在ご懐妊なのね。

そして大ちゃんはボクと同い年。

方や結婚して子供も出来て、方やボク。

ちょっとおセンチにもなっちゃうよね。

 

DSC00415-s

 

ま、そんなこと忘れてビリヤードでも致しましょうてなもんで、いざ勝負。

 

DSC00422-s

 

今更ですがコレが大ちゃん。

結構起用でなんでもこなす感じよ。

でも、ボクだって負けないぜぃ。

 

DSC00419-s

 

ちょっとカッコイイでしょ?

でもね・・・

 

DSC00421-s

 

あちゃぁぁぁ、入んねえ。

ちょっとお酒も飲みすぎまして、入らん入らん。

ってゆーか元々下手だし。

 

DSC00423-s

 

左足の方が正確なんじゃね?

なんてやってたらおばちゃんから勝負挑まれまして。

 

DSC00424-s

 

このおばちゃんが憎らしいかな、巧いのよ。

 

DSC00427-s

 

ハイ、あっさり負け。

 

もう、酔っ払いは帰りますよ。

ヘイッ!タクシー!

 

DSC00430-s

 

タクシー内じゃこうですわ。

そして、その後、友達の家では・・・

 

DSC00431-s

 

こうですわ・・・

 

・・・

 

幸せにはなれんわなぁ・・・

10.24th,2009

お陰さまで我がブログ。

100投稿目となりました。

ってことで余計なことは書かず、そのままそのまま・・・

取材

10.22nd,2009

先日の読売新聞の取材。

改めてインタビューを受けまして。

そして、また先日。

今度はアジアのサッカーを記事にしたいって言う方から、タイのサッカーやアジアサッカーについての取材を受けまして。

偉そうに取材を結構受けてますわ。

 

ただね。

そのタイサッカーやアジアサッカーについての取材だけど・・・

 

調子に乗ってウガンダの話もしちゃった・・・

ゴメンサイね。

だって、ボクのネタ(話)に笑ってくれるんだもん。

褒められて伸びるタイプのボクは調子にも乗るさ。

 

とはいいつつ、最近、ちょっとだけ取材に馴れてきたユタカです。

カンボジアU-15

10.21st,2009

久しぶりの更新であんなのだと、素直に評価を下げてしまうので、森高千里を聴きながらちゃんとしたサッカーの話でも更新。

先週の月曜日はカンボジアU-15の試合を見てきたのよ。

 

 DSC00398-s

DSC00403-s

 

さぁ!戦おうぜ!

 

でね、試合なんだけど、まず率直な感想を言うと、思ったより良かったって事かな。

いや、結構な話聞いてたからさ、メチャクチャなのかと思ったら、たまに”おっ”って思うことがあるのよね。

たださ、体が小さいよね。

相手の北朝鮮の選手と比べると全然違うもの。

 

DSC00404-s

 

頭1コ違うでしょ。

これみんなだからね。

 

で、プレーって言うよりボクが気になったこと。

監督の手島さんも話してたけど、やっぱり心の部分が大きいよね。

でも、コレって日本の子も同じだと思う。

 

DSC00407-s

 

こうやって倒れて痛がるシーンが多いのよ。

でも、痛みとかって本人しか分からないもんじゃん。

大半は本当の痛みより心の弱さだと思うのね。

 

小さい体の貧しい国の子供がプレーしてる姿には、心打たれるものがあったけど、もし実際にボクが指導したならやっぱり、しっかりと闘えるメンタルを与えようと思う。

 

カンボジアの試合を見ながら、自分が今まで接してきた日本の生徒と今の生徒を思って見てたのね。

同じだよね。

サッカーよりもまず、”当たり前”を出来るようにっていう。

自分の事は自分でやったり、一生懸命練習したりとかの”当たり前”。

 

あの試合を見ながら、ボクの指導のテーマを確認しましたな。

ちょっと真面目に語ってみました。

PAGETOP